Home > 解決事例

NO.77

女性

相談内容:成年後見申立

・事情

 従前,依頼者が認知症を患う叔母の世話を行い,財産関係の管理も行ってきた。もっとも,叔母には子どもがおり,このまま財産の管理を続けていては,叔母が亡くなって相続が発生した時に,無用な争いに巻き込まれる事態も考えられることから,法律に則って後見人を選任することを希望された。

・経過と結論

 今年になり,一時,叔母が危篤状態になり,上記相続の発生が現実のものとなりかけたので,不安になって相談いただいた。後見申し立てを依頼いただき,家庭裁判所に対して,成年後見人選任の申し立てを行った。その結果,依頼者の叔母に関して,成年後見人が選任された。

・今回の解決事例のポイント

 一時,危篤状態になったという話を伺っていたため,早期に後見人を選任する必要があると思われた。そこで,依頼者との打合せを密にして,できるだけ早く裁判所に申し立てを行った。

お気軽にどうぞ♪
お電話でのご相談
最適な解決法とスピーディな対応!! ご相談の流れはこちら
このサイトを「お気に入り登録」をする
大阪で地域密着型の東大阪法律事務所だからできる細かな気配りと親身な対応。
事務所案内

《所在地》
〒577-0056
大阪府東大阪市長堂1丁目8番37号
ヴェル・ノール布施5階
TEL:06-6781-0700
FAX:06-6781-0701
>>MAPはこちら
《業務時間》
10:00~19:00(休業日 日曜日・祝日)

事務所案内|近鉄奈良駅7番出口(13番バス乗り場方向)徒歩1分

近鉄奈良駅7番出口
(13番バス乗り場方向)徒歩1分
《所在地》
〒630-8238
奈良県奈良市高天市町11番地1
高天飯田ビル301号
TEL:0742-23-1875
FAX:0742-23-1880
>>MAPはこちら
《業務時間》
10:00~19:00(休業日 日曜日・祝日)

事例を紹介
費用について
採用情報
リンク