Home > 解決事例 > 解決事例7

NO.7

依頼者:男性(40歳台)

相談内容:慰謝料請求被告(770万円請求を受けた)事件

・事情
 会社の近くの店で飲食をしていたところ、そこの店主と口論になり、思わず暴力をふるってしまいました。

 その後依頼者は、その店主から、暴力が原因で怪我を負ってしまい損害を被ったとして、損害賠償の請求を受けてしまいました。依頼者は、喧嘩の上のこととはいえ、暴力をふるってしまったことに反省はしていますが、その請求された金額が約770万円と想像よりもあまりに高額であったため、驚いてしまいました。

 そこで依頼者は、この金額が本当に支払うべき金額なのか確認するために当事務所に相談に来られました。

・経過と結論
 まずは被害者の方のおっしゃる金額の内訳やその内容等について確認していきました。その中で、何点か承諾しがたい点があったために、その点を中心に話を進めて行きました。

 その後、被害者の方にも弁護士がいたこともあり、話し合いの場を裁判所に移し(調停)、客観的な証拠やこちら側の希望等を交えて、話し合いを続けました。

 その結果、当方が110万円(約660万円の減額)を支払うという和解が調停席上で成立しました。

・今回の解決事例のポイント

 今回は確かに暴力をふるってしまっているため、依頼者に一切の非が無いとはいえない事件です。依頼者の方も十分に反省しており、妥当な金額であれば、出来る限り支払いたいというお考えをお持ちでした。

 しかし、相手方のおっしゃる金額が適正なものでなければ、それは法的にも、一般的な感情としても妥当なものとは言えません(お前が悪いから、言われた通り支払え!というのはよほどのお金持ちでない限りは不可能です。)。こうしたケースでは、法的な側面と感情面(ときには依頼者が実際にどれだけ支払えるのか)を上手くバランスをとることが必要です。

 仮に慰謝料や損害賠償の請求を受けてしまった場合、その金額に納得がいかないのであれば、一度ご相談いただければと思います。

 

お気軽にどうぞ♪
お電話でのご相談
最適な解決法とスピーディな対応!! ご相談の流れはこちら
このサイトを「お気に入り登録」をする
大阪で地域密着型の東大阪法律事務所だからできる細かな気配りと親身な対応。
事務所案内

《所在地》
〒577-0056
大阪府東大阪市長堂1丁目8番37号
ヴェル・ノール布施5階
TEL:06-6781-0700
FAX:06-6781-0701
>>MAPはこちら
《業務時間》
10:00~19:00(休業日 日曜日・祝日)

事務所案内|近鉄奈良駅7番出口(13番バス乗り場方向)徒歩1分

近鉄奈良駅7番出口
(13番バス乗り場方向)徒歩1分
《所在地》
〒630-8238
奈良県奈良市高天市町11番地1
高天飯田ビル301号
TEL:0742-23-1875
FAX:0742-23-1880
>>MAPはこちら
《業務時間》
10:00~19:00(休業日 日曜日・祝日)

事例を紹介
費用について
採用情報
リンク