Home >

NO.66

女性(43歳)

相談内容:相続放棄

・事情

 依頼者は、ほとんど面識のない父親が亡くなってから5年後、突然、固定資産税の滞納通知が届き、別の借金があることも発覚しました。どのように処理すればよいかわからなかったため、相談に来られました。

・経過と結論

 父親とはほとんど面識がなく、当人も難病を患っており、不動産が存在する場所も鹿児島であり、相続人も複数存在することから、手数料のことを考え、相続放棄をした方が良い旨をアドバイスさせていただきました。

・今回の解決事例のポイント

 父親が亡くなったことは伝え聞いており、その時点から3か月を経過していたので、債務の存在を知った通知が届いた日を熟慮期間の開始時点とし、相続放棄を行いました。

お気軽にどうぞ♪
お電話でのご相談
最適な解決法とスピーディな対応!! ご相談の流れはこちら
このサイトを「お気に入り登録」をする
大阪で地域密着型の東大阪法律事務所だからできる細かな気配りと親身な対応。
事務所案内

《所在地》
〒577-0056
大阪府東大阪市長堂1丁目8番37号
ヴェル・ノール布施5階
TEL:06-6781-0700
FAX:06-6781-0701
>>MAPはこちら
《業務時間》
10:00~19:00(休業日 日曜日・祝日)

事務所案内|近鉄奈良駅7番出口(13番バス乗り場方向)徒歩1分

近鉄奈良駅7番出口
(13番バス乗り場方向)徒歩1分
《所在地》
〒630-8238
奈良県奈良市高天市町11番地1
高天飯田ビル301号
TEL:0742-23-1875
FAX:0742-23-1880
>>MAPはこちら
《業務時間》
10:00~19:00(休業日 日曜日・祝日)

事例を紹介
費用について
採用情報
リンク