Home > 解決事例 > 解決事例3

NO.3

依頼者:男性(65歳)

相談内容:先代が売却した土地について、買主から突然お金を請求された。

・事情
 問題となった土地は相談者(「Y」さんとします。)の先代(仮に「A」さんとします。)が40年以上前に売却した土地です。その土地には地下に農業取水用の土管が埋設しており、現在の所有者(「X」さんといます。)が売却以後ずっと隣の農家の方が、取水の開栓をおこなっていました。

 ところがある日Yさんは、Xさんから次のような連絡を受けました。

 ①今度この土地を売却することになった。②そこでこの土地の下に埋まっている水道の土管を撤去する。③その費用55万円をYさんが支払って下さい。

 Yさんは、そもそもこの土地の売買については知らなかった上に、40年以上も経過しているのに支払わなければならないのか、と困惑され、当事務所にご相談いただきました。

・経過と結論
 まずこの土管については、Yさんの所有物となり、それがXが所有している本件土地を妨害していることは確かでした。そのためYさんが全く撤去費用を負担しなくてよいとはならず、費用負担自体は止むをえません。

 ただ、本件の土地は40年も前に売買されたものであり、これまで一切請求はありませんでした。そこで弁護士が相手方と交渉したところ、YさんがXさんに15万円を支払うということで和解出来ました(40万円の減額)

・今回の解決事例のポイント

 今回は、先代が40年も昔に売却した土地であり、そこでどんな侵害をしていたのかを全く知らなかったという事案でした。
 所有権が侵害されている場合の請求権については時効というものがなく(判例)、このように長期間経過後でも請求されてしまう可能性があります。ただ、弁護士が間に入ることで、お互いに納得いく妥当な和解ができることがありますので、このような突然の請求がなされても一度ご相談にきていただければと思います。

お気軽にどうぞ♪
お電話でのご相談
最適な解決法とスピーディな対応!! ご相談の流れはこちら
このサイトを「お気に入り登録」をする
大阪で地域密着型の東大阪法律事務所だからできる細かな気配りと親身な対応。
事務所案内

《所在地》
〒577-0056
大阪府東大阪市長堂1丁目8番37号
ヴェル・ノール布施5階
TEL:06-6781-0700
FAX:06-6781-0701
>>MAPはこちら
《業務時間》
10:00~19:00(休業日 日曜日・祝日)

事務所案内|近鉄奈良駅7番出口(13番バス乗り場方向)徒歩1分

近鉄奈良駅7番出口
(13番バス乗り場方向)徒歩1分
《所在地》
〒630-8238
奈良県奈良市高天市町11番地1
高天飯田ビル301号
TEL:0742-23-1875
FAX:0742-23-1880
>>MAPはこちら
《業務時間》
10:00~19:00(休業日 日曜日・祝日)

事例を紹介
費用について
採用情報
リンク